人気の株主優待!初心者にオススメの銘柄

楽しい株主優待生活、あなたもしてみませんか?株取引にはハイリスクなイメージがある株投資初心者でもお得にゲットできる株主優待をご紹介します。生活に役立つ株主優待まとめです。

株主優待制度がない石原産業は食生活に関わる事業を展開

石原産業は、鉱山開発を目的として設立された企業ですが、現在は大手化学メーカーの一角です。主力製品は酸化チタンで、その取り扱いは国内では首位、世界では第6位と健闘しています。
また農業分野でも除草剤を始め、殺虫剤、殺菌剤などを開発し、それが収益の柱にもなっています。その他、紙や塗料分野、医薬品などの生活に関連する事業も行なっています。
かつて四日市ぜんそくなどの公害が社会問題で、そのぜんそくを引き起こす原因物質を垂れ流したとして事件にもなった企業の一つです。石原産業の収益の柱は農薬の自社開発ですが、最近は人々の食生活の安全の高まりもあり、無農薬の有機栽培のニーズが高まっています。
ただ食生活の関心が高まったとはいえ、虫の被害から植物の保護には必要不可欠です。石原産業の株価は1980年代では、一時期1,000円近い値動きも見られましたが、四日市ぜんそくの公害で徐々に下火となり、100円台を割り込む水準まで下落しています。
過去10年間においては、一時期200円を超えることもありましたが、現在でも100円近辺の水準です。配当においても四日市ぜんそくに対する対応の必要性から無配、株主優待も存在しません。
人々の健康や食生活の安全に関わる農薬などの製造が収益の柱になっているのが影響しております。また酸化チタンの需要の低減、ブラジル向けの農薬販売などでも苦戦を強いられていることで、利益予想も減額しています。
配当と株主優待のない銘柄ですが、扱う事業領域も多角に存在するので、そういった領域での成長分野があるのが発展の鍵となります。ただ酸化チタンの活用は、がん治療、水処理、抗菌、印刷などの幅広い分野でも応用できる可能性を秘めているため、将来的に期待出来る可能性があります。
また酸化チタンに関連した製品を株主優待で配布する取り組みなどを行なうと、上昇機運も高まります。